【あなたがシックのラルフ・ロールについて知るべき7つのこと】

 

「シック」と「クッキー」において有名な、あるドラマーと、彼がロンドンでのトークショーに出演する前に話を聞くことが出来ました。

2016年11月1日 ローレン・マーフィー

 

近頃ではシックのドラマーとして知られているラルフ・ロールだが、彼は信じられないほどの興味深い人生を歩んで来た。それはニューヨークの伝説的なアポロ・シアターのハウス・バンドのドラマーだったことに始まり、音楽製作会社ファット・キャット・プロダクションの経営者、さらには彼のクッキー帝国(そう、それは本当の意味で)「ソウル・スナック」の経営者であることにまで及ぶ。

メトロポリスでのトークショーの前に、私たちはこのニューヨーカーの音楽についてのすべてと、彼の驚くべき履歴書について、そして彼が未だ果たし終えていない大きな望みについて話をした。あなたは彼について覚えておくべき最も興味深い7つの事柄をそこから知ることが出来るだろう。

 

 

1. ラルフのドラム演奏のキャリアと器用さの理由は彼の兄にある。

「僕の兄のハワードがドラマーだったんだ。そして僕は彼のマネをした。兄がやることは何だってマネしていたからね。ドラムセットが僕たちの部屋にあったんだ。二つのベットの間にね。僕がベッドからそのドラムセットに飛び乗って演奏してみせたら、兄はすごいって言ってくれたよ。僕は左利きなんだけど、兄は右利きだった。それで兄は「ドラムを演奏してもいいけど、左利き用にセットを入れ替えたりしないでくれよ。それはやり過ぎってものだからな」と僕に言ったんだ。そんな訳で僕は右利き用ドラムセットを叩ける左利きドラマーになったという訳さ。だから僕は演奏するとき手をクロスさせない。僕はオープンハンドで演奏するんだ。そしてそれは僕にはとても良かった。おかげでドラムでいろんなことが出来るようになったよ」

 

 

2. アポロ劇場で初めて演奏した日々のことは、ラルフの人生で最も忘れがたいものの1つとなった。

「アポロ・シアターで演奏することは僕の夢のひとつだった。子供のころ、僕の姉が僕をよくアポロ・シアターへ連れて行ってくれていたからね。10歳の時、そこで僕は当時ではとんでもないシンガーを観た。僕は「こっれて最高だよ!」なんて思ったね。彼の名は、マイケル・ジャクソン。それはジャクソン5の最初のツアーだった。後に僕がアポロ・シアターでの舞台を踏んだ初日、デフ・ジャムのアーティストであるチャック・スタンリーと一緒に演奏したんだけど、僕は子供のころに憧れたあの劇場のステージにいるってことが信じられなくて、ほとんど泣き出さんばかりだった。その後に、バディ・ウイリアムス(アメリカの非常に有名なドラマー)がサブのドラマーを必要としていて、アポロ・シアターのハウス・バンドに参加しないかという電話を受けた。バディがその後とても忙しくなって、後結局僕は20年以上もアポロ・シアターにいたって訳さ(笑)。アポロ・シアターっていうところは、演奏するには最も素晴らしい場所のひとつなんだ。多くの人たちがキャリアをスタートさせたステージだからね」

 

 

3. シックの他にも、ラルフは長年に渡り素晴らしいアーティスト達と共演してきた。その中でも特にお気に入りのアーティストが何人かいる。

「最もズバ抜けてたこと?それは僕が一番最初にナイル(・ロジャース)と共演した時のことだね。僕はサブのドラマーとして電話で呼ばれて最初のショーをやった。僕はとにかく「どうもありがとうございました。とても楽しかったです」ということ以外は何も思わなかったんだけど、その後に彼らは僕へ演奏のオファーをして来た。だから、あの時の演奏は間違いなくアメージングなひととき、ってことになったんだ。他にも深く心に残っている思い出としては、スティービー・ワンダーとあるアワードのステージで共演したことだ。それはアル・グリーンのトリビュート・ショウだった。僕がいつか一緒にステージに立ちたいと思っていたアーティスト達がいて、アル・グリーン、スティービー・ワンダー、ナイル・ロジャース・ポール・サイモン…。僕はそれぞれのアーティストに合わせたやり方で、彼等と申し分ない共演が出来たことはとても幸運だったと思う。一度だけディオンヌ・ワーウィックのためのアワードで、ルーサー・ヴァンドロスのバックを務めたことがあったんだけど、それもほんとうに嬉しい出来事だったな。あの日のことは決して忘れられないね」

 

 

4. ナイル・ロジャースは、誰もが言うように実に完璧な存在である。

「現時点で、僕はナイルと共に仕事をする機会に恵まれてきた。ナイルと腰を落ち着けて話をしたり、彼のご家族に会う機会もあった。そして彼がビジネスを行っているのも見た。僕はナイルの多才ぶりを見て来ているし、彼が驚くべきビジネスマンであるとも断言できる。ナイルは音楽やアイディアにおける素晴らしいクリエイターで、非常にきめ細やかな家庭人でもあるし、また彼はよき友でもあるんだ。

彼は気遣いのひとであるし、思慮深く、面白いひとでもある。それにめちゃくちゃ頭がいいんだ。僕はみんなに彼の自叙伝である「LE FREAK」を読むことをお勧めするよ。もし、あなたがナイルに会って話をする機会があったなら、彼が悲劇と成功を何度も繰り返しながら、今もなお、美しい世界観を持ち合わせていることが判るよ」

 

 

5. ラルフには10年にわたるシックの再結成がなぜそれほど成功していたかについての持論がある。

「過去10年間のシックのショーは新しいメンバー、そして世界中で最も素晴らしいリードシンガー、キンバリー・デイビスと共に進化して来たんだ。彼女は僕らのパフォーマンスにまさに全力を注いでくれているよ。現在の僕らのショーは、ほとんど演劇作品と舞台ベント、それにすごいディスコ・パーティーの要素を一つに融合しようなものなんだ。ひとたびショーがスタートしたら、僕らがやっていることをナイルはさらに深めていく。それはまさにノン・ストップだ。そして観客のみんなが「うわぁ、信じられない!ナイルがこの曲をやるなんて知らなかったよ!」となることが、ショーが終わるまでずっと続くんだ。僕らは音楽が純粋に楽しくて最高の時間を過ごしていた、あの伝説のディスコ「スタジオ54」の時代にみんなを連れて行きたいんだ。僕の仕事は人々をクレイジーにさせることなのさ」

 

 

6. ラルフのクッキーへの愛情は、祖母のおかげである。

「僕が成長するにつれ、(今は亡くなってしまった)従兄弟のヴィンセントと僕は、いつも祖母の家で過ごしていた。その頃の僕にとって最高のことといったらお菓子が盛られた器を待っていることだった、すべての子供がするようにね(笑)。僕はその時のお菓子が出来上がるプロセスや香りをすごく覚えているよ。僕にとってその全てがものすごく魅力的だった。僕の家族全員、僕の兄さん達や姉さんたちは皆、お気に入りの料理方法というのがあって、僕はベイキング(クッキーを焼くこと)を受け継いだ。ガールフレンドと僕が一緒に暮らすことになり引っ越しをして、ホリデーに向けて贈り物することにしたんだけど、36人分の贈り物をする余裕が僕らにはなかった。それで「僕たちでクッキーを作ってみないか?」って提案をしたんだ。最初にクッキーを僕のプロダクション・チーム「ファット・キャット・プロダクション」のみんなのために作った時、彼らは今までに見たこともないような奇妙な顏で僕のことを見た。だけどそのクッキーを食べるとこんな風に言ったよ。「オーケー、また次に僕らが会うときにもこのクッキーを貰えるよね?」(笑)最初は単に楽しんでいたんだけど、みんながクッキーを気に入ってくれてこう言ってくれた。「このクッキー、本当に美味しいから、もしあなたがこれを売ろうかと考えてるなら、それってすごくいいと思うよ」それで僕らはみんなで話し合ってクッキーの会社を始めたんだ。そして現在、この会社は国際的な会社に成長している」

 

 

7. ラルフはとんでもなく多くのことをやり遂げて来た。しかし、いくつかのやるべきことが残されている。

「クッキーの会社が成長するように僕は最善を尽くしているよ。僕は自分のコミュニティに再び戻りたいという思いがあるんだ。僕にとっての究極のゴールは、ニューヨーク市で鼓笛隊を始めること。僕は鼓笛隊の出身なんだ。マーチング・バンドのようなものだね。僕がかつて、そして今もとても情熱を持っているその鼓笛隊は「ニューヨーク・ランサーズ」と呼ばれていた。ブロンクスのパーク・アヴェニューを本拠地としていたんだ。

このドラム隊を率いていたカルメロ・サイズ氏は数年前に亡くなってしまったんだけど、彼の活動は何万人もの若い命を救ったんだ。それは必要な活動だし、多くのことを教えている。鼓笛隊というのは楽しいながらも、そこでは競争も盛んだし規律の整ったアクティビティなんだ。こういた要素がニューヨーク市にとって必要だよ。現時点でこういう活動がここには全くないからね。だから僕のゴールというのは、多くの若者を救うために鼓笛隊を始めることなんだ。

Translated by Manami Tanaka

 

I am a drummer from The Bronx New York (Bronx River Projects). As far back as I can remember I’ve always marched to the beat of a different drum.


From the age of 18, I’ve played professionally. It is no surprise that with almost 4 decades of professional experience, within the music industry, I enjoy an illustrious career as a much sought after drummer, vocalist and producer.


My performance and recording list include Nile Rodgers and Chic, Sting, Bono, Bette Midler, Roger Daltrey, Lady Gaga, Biggie Smalls, Aretha Franklin, LL Cool J, Queen Latifah, Larry Carlton, John Pizzarelli Jr., Slash, Eric Benet, Erykah Badu, Toshinobu Kubota, D'Angelo, John Legend, Paul Simon, India Arie, Lillias White, Pheobe Snow and many more.


N.Y.U., Kieo University, Tokyo, Trinity College, Dublin, Athlone Institute of Technology, invited me to be a guest speaker to students as a motivational speaker. “Ralph’s gift of helping to motivate, inspire and give positive direction is wonderful.” The drum clinics that I hold are sessions in music and life which attracts not only drummers but all types of musicians, singers, administrators and those who are interested growing in a positive way. I’ve also given my talent and support at The Clive Davis Institute to students in the their recording department.


For 14 seasons, I was the Drummer for NBC's “It's Showtime at The Apollo" with Ray Chew & The Crew. I was asked to be the substitute drummer for Anton Figg on "The David Letterman Show”. I’ve played for some of the top Gospel artists on B.E.T.’s Celebration of Gospel 2005 and 2006 and The B.E.T. Music Awards 2007 and 2008.


In 1990 I founded Phat Kat Productions, Inc., a music production company. For more than 25 years, Phat Kat Productions has produced and arranged both orchestral and vocal musical segments for commercials such as Nike, Burger King, Miller Genuine Draft, and Dark & Lovely.


Working on many projects as writer, re-mixer and editor is something I really love.  An eclectic roster of recording artists have benefitted from what I deliver. Artists including: Toshinobu Kubota, Hi Five, Waymon Tisdale, Najee, Glenn Jones, Johnathan Butler, Al Green and many others have utilized my diverse skills.


I’ve been seen and heard performing live on many television shows: The David Letterman Show, The Chris Rock Show, Vibe, Planet Groove, The Keenan Ivory Wayans Show, The Cosby Show, A Different World, New York Under Cover, One Life To Live, Good Day New York, Maury, Good Morning America, Fox After Breakfast, N.B.C. Today Show, Top Of The Pops (London), Songs on NHK TV (Japan), Siempre En Domingo (Mexico), Jon Stewert, Pat Sajack, Regis and Kathie Lee, Music Fair (TV Asahi, Japan), The Late Late Show (Ireland), The Anton Savage Show (Today FM, Dublin), WOWOW (Japan).


Movie soundtracks as well: Beat Street Sound Track, High School High Sound Track, On the Ropes Sound Track (nominated for an Academy Award). Ralph was a band member in the recent remake of the movie, Annie   


My talent and well honed skills have launched me into the coveted position of Band Leader for a morning talk and variety show, The Caroline Rhea Show.


Closest to my heart is my desire to motivate and to inspire others to pursue and to live their dreams.

 

My World

Intel commercial after the Lady Gaga performance at the Grammy’s 2016

EJAF 2015 Academy Awards Viewing Party Highlights

レディ・ガガ 2016年グラミー賞でのステージパフォーマンス後のインテル社のコマーシャル

エルトン・ジョンエイズ財団 によるアカデミー・アワード・ビューング・パーティ ハイライト

7 things you should know about Ralph

Steve Gadd
Lionel Richie
Ben Vereen
Steve Jordan
Vanessa Williams